映画界の底辺で生きる映画監督 矢城潤一の「ねこのひげ」公開限定自虐ブログ……だったけど、時たま更新してます。そうしている間に第二弾『ばななとグローブとジンベエザメ』作ったよ。


by filmgecko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

泣ける映画

現在公開中の『ふたたび swing me again』は「泣ける映画」としてブログなどで取り上げられているようだ。とても有り難い。
私も最近は涙腺がゆるく、子供と一緒に観に行った『トイストーリー3』では親の私の方が涙していた。
特に友情モノに弱い傾向がある。「誰かのために自己を犠牲にして何かをする」そんなシチエ−ションに触れたら、ほぼ100%落涙する。
かつて「泣ける映画」は嫌いだ!とこのブログでも公言していた私であるが、※自主映画の必要[2008-3-11]
感動して泣く映画を嫌いな人はいないだろう。
私が嫌いなのは、「死に逝く者」を扱った映画だ。「愛する者の死」は誰にとっても辛く悲しいに決まっている。心ある人なら泣くだろう。
誤解の無いように言っておくが、私はその種の映画の存在を否定するわけではないし、好んで観る人を軽蔑するわけでもない。単に「観客を泣かせる映画」を観て、術中にはまって泣く自分が嫌なだけなのだ。

さて、公開中の『ふたたび』だが、私は一度も「泣かせよう」と思って脚本を書いたことはなかった。まあ、そんなテクニックも自分は持っていないので、単に気持ちだけで書き上げた。
俳優、演出、音楽…それぞれが融合し、観た人に化学変化を起こさせているのだろう。やはり映画は不思議だ。だから面白い。
[PR]
by filmgecko | 2010-11-20 14:02
先日、デビュー作の『ある探偵の憂鬱』がDVD化されるかもしれないと書きましたが、実は本人も半信半疑でしたが、なんと本当に発売されるようです。
いくつかの通販サイトで怪しげなパッケージが掲載されているのを発見しました。

例えばここ
http://forest.kinokuniya.co.jp/ItemIntro/652909

あの紀伊国屋書店系の通販なので、ほぼ間違いなく発売されちゃうんじゃないでしょうか。
わからんけど、レンタルも同時に開始されちゃうのかもしれない。
しかし、ほんまに需要があるのか?マーケティング無視の強気の商売にしか思えんのだけど…。
作った本人ですが相当弱気です。
あのパッケージを見ると、どうも江戸川乱歩路線でアピールする戦略のようです。

「今宵、あなたを摩訶不思議な世界に…何も起こらない探偵の話をお楽しみ下さい」
「楽しめるか!」
チャン、チャン…。
[PR]
by filmgecko | 2010-11-19 00:59
明日から公開される『ふたたび swing me again』
4年以上前に企画が持ち上がり、私も脚本家として参加したのだが、色々な障害があって途中で頓挫してしまった経緯がある。
それでも塩屋監督は諦めず、様々な人にアプローチし、映画への想いや意義を訴え続け、最終的には企画を実現させてしまった。しかも全国50館に及ぶ拡大ロードショー!
企画が人を呼び、人が人を呼んで、共感の輪が広がっていったのだ。
まさに『映画愛』の力だと思う。作品の内容も重要だが、作品に関わる人の本気度や熱意が人を動かすのだ。
『ふたたび swing me again』そんな熱い人たちが集まって作り上げた映画なのである。
その想いは観てくれた人にきっと伝わると信じている。
[PR]
by filmgecko | 2010-11-12 12:32
いよいよ今週末の13日から映画『ふたたび swing me again』がロードショー公開されます。
是非劇場に足をお運び下さい。

上映劇場など詳しくは公式HPで
http://futatabi.gaga.ne.jp/
[PR]
by filmgecko | 2010-11-11 09:56

さようなら、慎之輔

『ねこのひげ』で主役の一人だった慎之輔が病気で逝ってしまいました。
彼は本当の役者のように撮影の現場にいた。プロのようにキッチリ自分の役をこなし切った。
その勇姿はしっかり映画に刻まれている。

ありがとう、そしてさようなら慎之輔。

                                    矢城潤一
[PR]
by filmgecko | 2010-11-09 00:48
『憂鬱』の『鬱』の字を書けるきっかけとなった記念すべき映画…
ではなく。私のデビュー作『ある探偵の憂鬱』が来年DVD化されるかもしれない。
確か撮影は97年で、2000年に今は無き中野武蔵野ホールでレイト公開された映画です。
「監督したい!」と助監督を辞め、数本の脚本を持って制作会社を回ったけど、何処にも相手にされず、
「ならば自分で」と、持ち込んだ脚本の中で一番評判の悪かった『ある探偵の憂鬱』を自主制作することにしたのでした。
なぜ評判の悪かった物を選んだのか?それは自分の感性を試したかった(まだ若かった…)のと、自分が撮らなければ『ある探偵…』は二度と日の目を見ることはないと思ったからだ。

で、どんな話なのかというと「何も起こらない探偵の話」
ダイアローグは数カ所でほとんどモノローグで進む。
探偵役は『ねこのひげ』の大城英司。老婆役で馬渕晴子さんが出てくれました。
詳しいことが決まったら、また告知したいと思います!
[PR]
by filmgecko | 2010-11-05 21:57